のページ

サイトマップ

羽根建壁の下地の美  

暑い日が続きますが...もうすぐ羽根建祭りです!暑さに強い方お待ちしております。さて、現場では寝室に羽根建壁を選択された住まいの下地が終わり、いよいよ土塗りを待つばかりとなりました。やはり下地が美しく清々しいと感じます。

羽根建壁の下地の美

羽根建まつり  

           今年も羽根建まつりを開催いたします。8月4日は10時から18時8月5日は10時から16時半場所はフトルミン工場跡奈良市芝辻町543番地です。本物の木や土にふれながら、職人や家づくりにかかわる人たちの技やこだわりを体感していただきたいと思います。ぜひおさそいあわせてお越しください。入場は中学生以上500円(ドリンク付き)木の工作参加は1000円必要です。皆さま暑い日が続いております。くれぐれも暑さ対策をしてお越しくださいませ。 

羽根建まつり

木塀の新設  

一昨年、古民家の改修を行った「大桐の家」にて庭と道路の境には既存のブロック塀を残して、家づくりをすすめました。(T字路の上の部分にちょうどお庭があります。)1年住んでみてやはりキッチン、リビングからの景色が木の家の中にいて庭を眺めた時ももっと豊かなものにしたいと。ご依頼いただきました。いろいろ、研究を重ねてくださり、格子を斜めにしたいとのご要望、こちらでは格子の感覚が開きすぎても、見え過ぎても落ち着かないだろうな、車通りがあるので夜のライトが気になるだろうななどと考えた末の向き、角度、隙間。なかなか素敵な木の塀となりました。(今日は未だ工事中・・・)

木塀の新設

2018.05.26.sat.開催 吉野の山を見るツアー「歴史の証人に会いに行く」  

今年も「吉野の山を見るツアー」を企画しましたので、ご案内させていただきます。私たちは、国産材を使った家づくり、とりわけ吉野の杉を使った家づくりに積極的に取り組んでいますが、皆様方に吉野の山に足を運んでいただき、直に山を見ていただくことにより、より理解を深めていただこうと思っています。吉野の木は何十年、何百年の歳月を人の手によって大事に育てられてきました。木の家づくりを考えるなら、家の一員となる柱や梁の一本一本が生まれ、育てられ、製材される吉野の山へ行き、木の優しさ、美しさ、香り、迫力を目で見て、肌で感じてほしいと思います。吉野の木は何十年、何百年の歳月を人の手によって大事に育てられてきました。…
続きを見る

2018.05.26.sat.開催 吉野の山を見るツアー「歴史の証人に会いに行く」

吉野ツアー  

5月26日(土)に吉野ツアーを開催します。新緑の季節、吉野の山へ足を運び、私たちが家づくりで使用する杉、ヒノキの植林、育林、製材、乾燥の様子を実際に見て学び感じていただきたいと開催いたします。どなた様でも参加可能です。お問い合わせお申込みは、羽根建築工房までお願いいたします。

吉野ツアー

1 2 3 4 5 6 29