羽根建の構造壁

羽根建の構造耐力壁は貫と筋交で構成されます。

貫は法規上の計算には含んでおらず、余力としてとらえていますが、

羽根建が期待しているのはこの余力の貫、できるだけ外周部の壁のあるところには

耐力壁の場所に関係なく通して貫を入れていきます。

木組にしなって粘ってもらいたいから。

貫筋交2 屋根付きデッキのある家 貫筋交