再生の力

古民家の再生や暮らし向上の改修などを手掛けることがあります。

何十年や百年を超える家を守りはぐくんでこられた家族の思いを

大切に今を暮らし良く、次世代の家族へもバトンをとたくさんの思いが

あって再生や改修を選択されます。

手を入れるとまだまだ十分に家族を守ってくれる骨太な柱や梁を労わり補強、

見えない部分には当時の大工の技や考えが現れてくることもしばしば。

それもまた現代に活かす糧となります。

写真は主屋の再生ののちのち、周りに付随していた借家などの建物を解体し

現れた接続部分を再生している所です。

F邸1 F邸2