ソーラー高窓効果を高める蓄熱羽根建壁

ソーラー高窓のある大東の家、

外部足場もとり、外観的にはほぼできております。

今年は暖かいけれど、お天気のいい冷たい風の吹く日は

高窓からの日差しが有難く、その熱をできるだけ蓄熱させたい!

その為、日差しの当たる壁には蓄熱効果のある土壁、

羽根建壁(竹の下地をし、30㎜の土を塗って)蓄熱保温効果高めます。

南側の高い建物の隙間をぬってはいる日差しをキャッチ

南側の高い建物の隙間をぬってはいる日差しをキャッチ

蓄熱する羽根建壁の厚み 約30㎜

蓄熱する羽根建壁の厚み
約30㎜

羽根建壁の下地:竹摺り

羽根建壁の下地:竹摺り