化粧材と成る梁の手鉋掛け

構造材を現しで一部見えるところがあります。

屋根の裏側、2階建てなら2階の天井となる部分は

羽健スタンダードだと磨き丸太組、この磨きは材料本来の

山に立っている木の表皮を剥くと出てくる部分がそのままに

その他で見えてくるところは四角い角材の化粧材

これは大工さんが手で鉋を掛けて、いい艶が時間と共に

そしてより強く出てきます。

どうやら杉は綺麗に削りにくいらしいと聞きます。

ご苦労お掛けしております。2020.02.14

MVIMG_20200214_084128 MVIMG_20200214_085426