こちら吉野の加工場2-堺の家

吉野の加工場にて墨付け刻みをおこなっている「堺の家」

大詰めが迫っています。

化粧材として使う垂木の墨付けと加工が始まりました。

毎年、この時期は吉野のサクラ観光でたくさん人が乗ったバスや

乗用車が渋滞を起こしている頃、今年は静かです。

世の中のニュースも気になりますが心静かに墨付けを2020.04.15

20200414_095935