のページ

サイトマップ

今年はあたたかかったので  

今年は暖かかったので、薪ストーブ用の薪はあまり必要では無かったのか、そんな時に限り、たくさん刻みの端材がでるのです。で、お風呂屋さんにもらってもらう事に通常は重油?などで沸かすのがほとんどらしいのですがこちらはすべて木材燃料だそうで、これで誰かのお役に立てる材として最後まで活躍します。2020.03.15

今年はあたたかかったので

増築の建て方  

改修工事がすすみ、増築の方も基礎が進んでおり、今は養生期間、じっくりじわじわ強くなるのを待っています。改修の墨付け、増築新築の墨付け高さをそろえたり難しいところや現場で考えてもらう事が多く、たくさん助けてもらっています。(いつもの事と言われるかもしれませんが。)今回も特に。とても良くなってきていてまたもう一つ大きな形が見えてくるので施主さまも見た目にわかりやすくなります、棟上げ準備もそろそろです。2020.03.14  

増築の建て方

構造打ち合わせ   

先日より土台を墨付け刻み中「亀岡の家」の構造打合せ、意匠と構造と大工の観点、3方向からの考え方をすり合わせて良い方向へ揃えるのが重要事項。図面の読み違いの整理や過剰になりすぎない、けどできるならそっちの方がいいななどなどと。今日はあちこちで地震がおきて身の引き締まる思い。2020.03.13

構造打ち合わせ 

構造材あらわし  

昨日は無事に棟が上がりホッとして今日は屋根仕舞を進めております。2階の内部梁はほぼ構造材を現し化粧で見えてきます。入った材のなかから化粧に向いている材、木目の良い、節の荒々しくないところが見える部分にちょうど来るような材を配置してみたり、同じような寸法の材が家一軒で多くあればそこから木配りをする際に選別ができるので比較的見た目にも良い材が見えるところに使えます。基本的に吉野材は目が詰まって美しい木目が多いので構造的にも見た目的にもとても良い材です。 丸太を小屋組みに使用しており、繊維を傷めず使える為割と細身の材で軽やかな小屋組みが可能になります。2020.03.12

構造材あらわし

棟が上がりました  

3.11に建て方ができ、無事に棟が上がるやはり感慨深い。そして2時46分には東を向いて施主さまと共に黙祷を行いました。何事もない日々が当たり前ではないと感じる今日この頃いつもと同じく建築のお仕事ができる事に感謝、ありがとうございます。2020.03.11

棟が上がりました

1 2 3 4 5 6 7 8 9 81