のページ

サイトマップ

焼き杉板の細かいところ  

板張りも細かいところが大変です。大きな面はバーッと勢いよく進むのですが、細かいところは時間がかかります。でも裏手だったり、目立たず、張られてしまうと当然のごとく鎮座これは「頑張ったよ」とちょっと日の目にあてたく枠もキレイに納まっていていい仕事です。

焼き杉板の細かいところ

新たな楽しみな仕事  

楽しみにしていた仕事がついに始動。また地墨話で恐縮ですが、やはりRや円などは地墨から、原寸で理解することはかなり大事です。加工場の床は代々の地墨がたくさん残っています。大きさの把握と加工場に仮組できる位置の確認と細かい打合せです。 

新たな楽しみな仕事

楕円の天井とRの壁の地墨  

Rの壁がある部屋に、楕円の天井があり、小さなダウンライトが入ります。と、そんな時は床に天井の楕円の墨を出します。が、下地にも養生をしているので写真の穴ぽこはダウンライトの位置や下地の芯の交点です。これさえあれば何度も何度も確認しなくて済むのでとりあえず墨出しはいつでも肝心です。

楕円の天井とRの壁の地墨

窓台の取付  

小窓には小窓用の窓台がとりつきます。ここは角丸、面も丸、やさしい印象になります。家のイメージやどういう見せ方にするかは、この小さな窓の窓台1つにも係ってきます。

窓台の取付

施設改修工事、仕上げ材の決定  

仕上材と細かい納まりの打合せ改修はやはり現場でないと採寸違いや、以前の施工精度等もあり、思うようにいかない事や納まらないことも多々あり、現場第一のようなところが多いです。お施主様方には「綺麗な色~!」と言ってもらえたましたが、ピンク色の空間での打ち合わせでした。

施設改修工事、仕上げ材の決定

1 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 98