のページ

サイトマップ

焼き杉板を張っています。  

焼杉板をはっています。お盆までに張り終わろうと頑張ってくれています。(因みに焼杉板は徳島の親和木材の厳選された材です)台風も心配しつつ、できるだけ外部仕舞いを早く終わらせて足場をバラしたい。(数日前の写真です。)心配ですから、でも台風養生はお盆休みが心配なのでバッチリ行っています。

焼き杉板を張っています。

庭のお手入れ  

先日、メンテナンスで少しお邪魔させていただいた時、余りにも芝生のお手入れが綺麗だったものでとても暑い日でしたが清々しい気持ちになりました。赤とんぼと共に撮影したつもりですがどうやら、写っていない ようです。

庭のお手入れ

面ができるまでの道のり長し  

下地も重要なんです。下地はやってもやってもパッと見た感じの面積が小さいもので出来てきている感が少なく感じます。が!ここをパパっと適当にすませると後々ボロが出ます。下地が美しいと写真を撮りたくなると何度もお話をしてしまうのは職業柄かもしれませんが、とても安心してみているからかもしれません。今日はアルミサッシの枠が入りました。暑いのでガラスはもうちょっと後に入れてもらいます。全貌が見えつつあります。

面ができるまでの道のり長し

2つに分けられた子供部屋  

竣工後6年、子供部屋が2つに分けられました。本棚とベッドと机をご依頼いただき、納品してまいりました。完成やOB宅でお世話になりました「絵画を楽しむ家」の2Fです。綺麗に住まわれているのでこの写真、新築のようですが6年経っています。また改めて長く愛される家に育ってもらいたいです。

2つに分けられた子供部屋

地鎮祭、気持ちも新たに  

一連の建築工事 後半です。「今向かってます、お話聞かせてください」と突然のお電話をいただいたのはいつだっただろう。どこかで何かを見て「羽根建築工房」とメモってくれていたという事でした。そのメモのみを頼りにお越しくださって古民家の改修をおこない、隣で住んでおらえたところをリフォーム、お庭に新築を建築、ご家族で改めてこの土地を守っていかれる。とても素晴らしい事だと思います。新築の地鎮祭でした。 

地鎮祭、気持ちも新たに

1 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 98