のページ

サイトマップ

内部もすすんでいます  

先日、吊バルコニーのある家を載せました、内部もどんどん進んでいます。家具の制作と仕上げの左官、塗装と大忙し。色んな樹種の木を使われており、それが融合された仕上りが楽しみです。養生がされていて今はまだお預け状態ですが。

内部もすすんでいます

羽根建祭りの準備  

今年も8月の暑い時に「羽根建祭り」涼しげなフトルミンの工場跡にて3日(土)、4日(日)に行います。いつまでたっても夏休みの宿題のようにぎりぎりになってしまいます。1学期終了と当時ぐらいにお手元に届きましたでしょうか。このチラシ。 

羽根建祭りの準備

振り返る日々  

そうでした、1年点検で良い写真がありました。奈良町の家、造園は山下雅弘庭園工房さんです。間口の狭く奥になが~い敷地、すべて建物ができてからではとてもではないけど大きな木や板石を入れることは難しい。連携プレーで手前の門屋のような離れを建てる前、主屋ができる少し前に植栽全般、土、石などを入れてもらいました。一年経つと家も庭も家族もなじんで、一層よく見えます。

振り返る日々

LEDのメンテナンス  

LED照明もいつかはきれる。いや、結構早くダメになり3つのうち1つしばらく消えたままの状態で随分お待たせしておりました。無事、先日取換を行い、新築当時から品番三つぐらい変わっておりましたがほぼ同じ型で良かったです。消費電力も節電されていました。

LEDのメンテナンス

定礎の言葉-シュタイナー  

改装工事を進める前に皆さんと一緒に「定礎の言葉」を読ませていただきました。設計はドイツにてシュタイナー学校の設計に従事され帰国後には福島や北海道にてこども園の設計等でご活躍されている岩橋亜希菜さんです。日本の地鎮祭の儀式と似ています。こちらは建物の中心にて定礎の言葉を本当はドイツ語で今回は日本語訳を読み上げるというものでした。良き場所となりますようにと願います。    

定礎の言葉-シュタイナー

1 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 98