新築の施工事例

 大きな屋根の小さな家

古い集落の住民と近くに移転してきた大学の学生とが行き交う地域のちょうど境目あたりにこの家はあります。南からの光と風を全体に行き渡るようにするため、家の中で最も日当たりのよい快適な場所を「吹抜」として空けてあります。部屋はすべてこの吹き抜けに向けてもうけられており、南面いっぱいに古い木製建具が再利用されて吊りこまれています。 新しい家なのにどこか懐かしい、そんな気分にさせてくれる家でついつい時間が経つのを忘れてしまいます。
大きな屋根の小さな家

こじんまりとした外観。