新築の施工事例

 大今里の家

民家がひしめく下町の角地で、3軒長屋の端家を建て替えました。
道路幅を広げる為、建物は小さくなっていますが、敷地形状に合わせて建物を台形にすることで、床面積と間口を確保しています。
南東には坪庭を設け、密集地の中でも光や風を呼び込めるように工夫しました。食堂は1階に設け、2階にゆったりとくつろげる居間を設けているのもこの家の特徴です。

大今里の家に暮らして一年の感想のお手紙をいただきました。 こちらから

大今里の家

食堂、和室越しに中庭を望むことができます。限られた敷地ですが、庭を設けることでとても豊かな暮らしができるようになります。お風呂、2階リビングなどいろいろな角度から中庭を楽しむことができます。