新築の施工事例

 通り土間の家

HANE-ken standardの考え方をもとに進化させた『通り土間のある家』構造体を現し、それがデザインとなる間伐丸太の美しい空間 構造取材は施主様の故郷である鳥取【智頭杉】を、間伐丸太には奈良・吉野杉を使用し大工が材を読み刻んだ本物の木の家 そして内・外装ともに「いったい何からできているのか?どんなものがまざっているのか、わからないものは使いたくない」という考えから日本で育った木・竹・土できる限り素性のわかる材を使っています。 屋根には空気集熱式ソーラー(そよ風)・壁には古土を混ぜ練りこんだ荒壁土を・内部の大壁には竹小舞ネットを使用しています。
通り土間の家

食堂兼リビングが家の中心でここから家中が見渡せます。ゆったりとした吹き抜け空間で丸太の小屋組みを見上げることができます。冬は薪ストーブを囲んで暖をとり、夏はトップライトを開けると庭を抜けてきた涼しい風が家の熱気を外に押し出してくれます。