ほれぼれする下地材

下地材ですがズームに耐えられます。

検査の為現場へ行き何気に写真を取っていますが

根太(土台や大引きの上に乗せる下地材)の間に床暖房の蓄熱槽を

設ける為、現場には根太材が施工待ちで立てかかっておりました。

それがまた目の詰まった桧の材、つい写真を。

化粧材も下地材もどちらも同じように育てられた吉野の間伐材

ただ化粧材という名で挽かれるか下地材という名で挽かれるかの違い、

工事中の今しか下地材はその名の通り下になるので見ることができません。

「いや~いい材だ」となでて、しっかり構造材と共に家と家族を守って

もらいましょう。2020.05.28