ながーく感じる下地工事

しばらく墨付けと刻みの加工場での期間があり、

現場はドッと建て方で急にできた感、早いな~と思います。

このままトントンサクサク進むのではないかと期待をさせてしまうのですが、

そこからは現場の下地をせっせと頑張る時期が長く続きます、

どうもその名が下地材ですから派手ではなく目につきにくい。

そして細かいところまで先を読んで入れていかなければならず、

大きな材料ではなく小さな材料がどんどん入っています。

という事で進み具合が顕著に現れません、残念ながら、

でも確実に進んでいますのでご安心を。2020.06.12

MVIMG_20200612_104155