無双窓を使って

無双窓(むそうまど)

同じ幅の板が前後に重なるとき風や光がとおり、

板がすれ違うと閉まる仕組み。

昔の家だと低い位置と高い位置についていて

風の流れを作ることに使っていたのではないでしょうか。

気密なんて言葉が無かった時代からの知恵

今は室内に使えば冬なら熱源のある部屋から廊下や階段へ

緩やかに温度ムラを減らすのに役立ちそうです。

堺の家