三郷町の家 番付

三郷町の家はほとんどの梁があらわし材と成る為、

梁材を墨付け前の加工場へ届くまでに番付を打ちに奈良へ 

この日も寒い一日でした。

加工場はあまり広くないので、すべての材を並べての番付は

付けづらく材を番付順に並べて見たりすることができないので

このような作業はとても重要、シュっとした材を良く見えるところに

持ってきたり目の詰まった材を比較的力のかかる所へやったり

きっと大工の頭の中ではイメージができていて答え合わせのような感じで

番付がされていると思われます。 2020.12.18

DSC07450