新材と古材

新材と古材が融合する改修物件、

新築ですと美しい吉野材がずらっと並ぶのですが

改修になると今まで隠していた古材を表しで見せたり

根継ぎが意匠に見えたりしてそれはそれは趣深く、

歴史と大工の技、新・旧材の両方の美しい姿が表に出てきて

「いい!」のです。 2020.12.24 

IMG_20201224_131800_copy_1024x768