柱の根継ぎにも金輪継手

金輪継手は新築では主に梁材の継ぎ手に使うのですが

改修工事などでは柱の根継ぎ(柱の足元が長い年月の間に

何らかの原因が生じ腐れが出ていたりして柱の一部特に足元が

傷んでいるその部分を取り除き新たな材に入れ替えること)

をするときにも使います。

例えば、この永和の家でも、今一番若手の大工が刻みを担当

2021.01.16(後ろに写るは笑顔の現場棟梁)

DSC07613