番付

番付と言えば建築では

通り芯にいろはや数字の名前が付けられてあり、

番付を見ればその材がどこに使われるものかすぐにわかります。

図面にも、模型にも、実物の土台にも柱にも梁にも

写真は「ほ」の通りの貫を入れているところ。

以前のブログで棟梁が鉋をかけていた梁は「は-四又」と書かれているので

は通りの梁、加工場で金輪継の動画を撮ったのは「り-六」と見えるので

棟木の下にある六通りの梁の継ぎ手です。建て方の時、大きな指示がなくとも

みんながそれぞれに動けているのは番付が打たれているからです。

建て方からすぐの頃しか見ることができません隠れてしまうので、

因みにプレカットの材にも番付が印刷されてちゃんと書かれています。

IMG_20210106_093402 IMG_20210126_082013