貫と筋交い

貫筋交い

構造壁には筋交いと、壁という壁には貫を入れています。

大きな地震力が何度もかかった後に効いてくるのが貫、

活躍しないまま潜んでいてくれるのが一番いいんです、実は。

写真では登場していますが間柱にも貫を通しているので

建て方はすこし大変です。 

若い大工見習の学生さんが楔打ち込み作業、果てしなく大量、

しっかり、頑張ってくれています。

たすき掛けの筋交いと貫では4寸柱の場合どうしてもチリが取れず、

大壁仕上げ、片筋交いと貫で真壁仕上げが叶います。

2021.02.12

IMG_20210212_094518 IMG_20210212_094747