まずはできることから

当たり前に墨付け刻みの木構造で家づくりをしています。

この当たり前が珍しいと言われる昨今、担い手を送り出し、

次の担い手予備軍にどうすれば大工や職人になりたいと

思ってなってもらえるか日々の課題です。

山で手塩にかけ育て材木となった木々を

有効且つ適材適所に木配りをし墨を付け刻み、

永く家族を守り愛される家の作り手となることの素晴らしさを

伝えて継続していけるよう模索中。

まずはできることから記録撮り 2021.02.26

HuttoTekizami01 HuttoTekizami02