丸太の骨組み

小さな小屋のためいつもより丸太をサイズダウン、

挟み方杖と丸太火打ちをいれています。

末落ちの少ない吉野の丸太材は

丹精込めて美しい和室の床柱や化粧材として育てられます。

時にはえくぼやねじれが出ることがあるようです。

その表情の豊かなえくぼやねじれが構造材として

使うことで、力強さを秘めた、しなやかで繊細な姿に。

吉野の丸太が好き。 2021.03.2220210320_170227