のページ

News一覧

芍薬と三澤さん  

芍薬がとどき、三澤康彦さんの笑顔が思い出されます。家づくりのお仕事は絶えずに、羽根建と羽根建の大工衆の成長に大いにお力をいたただいた事に感謝の限りです。設計の修行から、父と仕事仲間で子供の頃から、羽根建で大工修業をするきっかけをくださったり、大工達は最初の墨付けの物件をさせていただいたり数えきれない思い出のネタが尽きずにあふれてきます。2020.04.29

芍薬と三澤さん

新緑眩しく  

現場の借景新緑が眩しくなってまいりました。子世帯の寛げるリビングを増築しキッチンから見えるのは隣家の蔵と思われる建物にはう新緑の蔦良い季節になってきましたね。家の中から楽しむ緑。2020.04.28l

新緑眩しく

新しい一週間の始まり  

また新しい一週間の始めの日現場も始まりました、変形の土地に上手く馴染む家が建つ予定です。まずは基礎工事から、ご近所の皆さんもいよいよ始まるんですねとお声掛け下さったり静かな住宅街の重機とスコップの音が響き、順調に進みます。2020.04.27

新しい一週間の始まり

新緑の季節  

お家にいるからといって一歩も外にでないという事でもなく、朝には太陽を浴びて空気の入れ替えもできるお天気。季節は明らかに進んで、花々は桜からツツジに代わり梅は実を膨らませています。じっくりとそんな季節の美しい移り変わりを楽しめる時間と思ってみようかな。バタバタッとワイワイガヤガヤ過ぎ去る新緑の季節はまた来年にとっておこう今年のやらないことリストは来年のお楽しみリストになりそう 2020.04.26

新緑の季節

4年前のあの日  

もう4年もたったかというのが今の状況下で大きく報じられなかったように今さら気づく、あの日の思い出画像としてスマホに表れて「ハッ」となりました。震度7が続けておこった熊本地震、お仲間の工務店からの応援要請これは何かできることはないかと大工衆と出向いたのは、10日後になっていました。残すかどうかまだわからずの酒蔵にこれ以上の被害が出ないようにと、ずれた瓦と土をおろし、シートをかぶせ応急処置を行いました。今回の緊急事態は、みんなで危機を乗り越えようと集まれない事がとてももどかしい。2020.04.25 

4年前のあの日

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 24