のページ

News一覧

慣れないリモート  

原寸や実物が飛び交う建築現場ではどうしてもリアルでないといけないことだらけ。肌触りや空気の匂いや重み、色目やサイズ感で画面ではわからない。リモートや遠隔は苦手で不慣れな事もあってか難しい。 けれど、不慣れで不便なこともやらなきゃ進まず延び延びになっていた手刻み同好会、ワークショップの発表・講評会をリモートにて行いました。  

慣れないリモート

左官壁  

外構工事をせっせと行っている間内部では井上左官さんが黙々と壁を仕上げてくれています。鏝が壁に当たる音がテンポよく聞こえてきて独特の漆喰のにおいがドアが開くたびに匂って、つい嬉しくなる。簡単に言うとはんだのような調合の漆喰を塗り拭取った仕上方やわらかい表情が出て「いい!」具合に 2020.09.01今日は防災の日家づくりも一つの防災、新築も改修もじっくり丁寧にしっかり作り上げます。 

左官壁

石畳の現状  

先日の石畳施工後の現状がこのような感じ、目地に緑が生えてくれると完成。お引越し後一年後から二年後のうちに良い感じになってくる予定です。木製建具と焼き杉板と漆喰、石畳 好きなものだらけの絶妙な組み合わせ 2020.08.31

石畳の現状

シェルハウスの設営組立  

昨日発売の 建築知識ビルダーズ42にミナペルホネン 皆川明/つづく展にてシェルハウスを兵庫県立美術館に建築、組立させていただいた際の記録が載りました。雑誌では作業の様子も何と素敵に映るのか。いつもはあまり見ていただけない作業の様子も嬉しい限りです。写真は加工場での建築中の様子(屋根ギリギリの高さです)グルグルの頂点付近垂木のかかる話をしている様子 2020.08.28  

シェルハウスの設営組立

石積みの次は石畳を  

夏バテ中、更新を一週間ほどお休みをいただきましてその間に先日の石積みを行った現場に石畳みを。「石畳み」という立派な響きほど豪勢ではなく自然な具合をイメージしてください。この石の間に緑がまた自然につまると最終の出来上がりです。 2020.08.27  

石積みの次は石畳を

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 43