のページ

News一覧

土台敷と材の搬入  

亀岡の家 土台敷とその後の材の般入お天気が続いて嬉しい、土台敷と加工場の材料をできるだけ減らして次の材を入れる段取りと建てる段取りと一部道が狭い為ドーンと大型車では行けないのでちょいちょい運ぶ下し終わって濡れないようにシート養生をして外周には土跳ね予防のシートを敷いて明日は足場屋さんが来てくれます。 いよいよもうすぐです。2020.04.24 

土台敷と材の搬入

こちら吉野の加工場-3 堺の家  

こちら吉野の加工場でも墨付け刻みが続いていますこの日は土台を搬出に。そろそろ建てる準備に入り、加工の終わった材料であふれています。街中の現場ですと建てる前の材の置き場も一度に搬入する場合の待機場所も難しい事が多いです、そんな時は少しづつ運んだり、時間をずらして運んでもらったり少し知恵を絞らなければなりません。大工さんの醍醐味でもある建て方の日には段取り良く材を組みあげられるようにそして現場に運んできた土台の上で打ち合わせとなりました。 外は安心、マスクも日常となっています。 2020.04.23

こちら吉野の加工場-3 堺の家

事務所の藤花  

弊社の事務所前には藤の枝が巻き付いていて昨年秋どうにも茂りすぎ密だった為、バッサリとそれこそ8割減ぐらいに伐採し寂しくなるねとご近所さんに言われちゃいましたが、さすがの生命力また今年もボチボチ咲いてきました。イベントや暦を張っていた掲示板には先日のブログにも載っておりましたがコロナと戦う皆様へ「ありがとう」と3密は避けてと張り出しています。昨日よりまた、人との接触8割減らすポイントも呼びかけられましたね。藤のような生命力でまた復活、今はできることをできるだけ2020.04.23 

事務所の藤花

柱の墨付け  

土台、梁、柱の順に墨付けと刻みを行います。ついに柱に至り、柱は比較的仕事(墨付けも刻みも)が似ているものが多いのでどんどん積み上がっていきます。通し柱(1階と2階とも同じ一本の柱)や隅の柱には少し手間がいります。 さぁいよいよ建て方が迫ってきます!と言ってもまだ化粧柱には手鉋掛けなども待っています。加工場は「いつもと変わらず」なので心安らぎます 2020.04.22

柱の墨付け

外壁の板張り  

主屋の座敷から、中庭を隔てた改装中の建物の外壁とても格調高き良い仕事をされている座敷から見えるので頑張って節のない材にて緊張の板張り。節アリの材も味があってリズムもあり好きだけれど、たまには無節の「ええ板」を使う事もあるまさにその時です。家にいて中庭を眺める楽しみ、これこそ今必要な事かも。2020.04.21

外壁の板張り

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 24