はねけんパッシブデザイン

はねけんのパッシブデザイン

1. 夏のデザイン

<目標>

いちばん暑い日のいちばん暑くなる時間(夕方4時~5時)でも、半袖・短パンに扇風機をかけて過ごせるようにすること。具体的には32℃程度の室温に抑えること。

デザインの具体(1):日射を遮り、竹小舞ネットに熱を吸収させる。
南西の窓はしっかり軒を出す
南西の窓にはスダレもしくはルーバー雨戸を設ける
竹小舞ネットに入ってくる日射熱を吸収させる
  朝 6:00 正午頃 夕方 4:30頃
一般的な住宅 29℃ 33.7℃ 35.7℃
HANE-ken standard 29℃ 31.3℃ 32.3℃

※上記の条件でシミュレーションをした結果

デザインの具体(2):外気温が下がってきた時に十分に風を通して熱を出す。
間仕切りの少ない開放的なプランにして風を通す
2階に高窓を設けて吹き抜けを介して1階→2階に風を通す

2. 冬のデザイン

<目標>

いちばん寒くなる朝(6:00頃)でもパジャマにフリースを羽織る程度で十分快適に過ごせるようにする。具体的には室温を15℃程度を下回らないようにする。

デザインの具体(1):断熱・週熱・蓄熱のバランスを考える。
蓄熱容量の大きい家は断熱性能を極端に上げなくても高い保温性能を発揮します。
蓄熱容量の小さい家は断熱性・気密性を上げることによって熱を逃がしにくくすることができます。
羽根建壁は竹下地に約3㎝の土を塗った壁で高い蓄熱性能を有しています。
※熱損失係数Q値とは?
建物の保温性能を示す数値でこれが小さくなる程、保温性が高いことを示しています。現在の省エネルギー基準(次世代省エネルギー基準)において大阪でのQ値の基準(上限)は2.7w/㎡K

⇒夏にも効果を生む「竹小舞ネット」の仕様をおススメします。

デザインの具体(2):空気集熱式ソーラーシステムを導入する。
軒先から新鮮空気を取り入れ、屋根の下で温めて床下に送り込みます
基礎のコンクリートに熱を蓄え夜に放熱させ、冷え込みを和らげます。
PM 11:00
の室温
熱損失係数
Q値
AM 6:00
の室温
羽根建の家 HANE-kenstandard 20℃ 2.7 14.8℃
ソーラー・蓄熱なし 20℃ 1.9 14.8℃
一般の家 一般的な住宅 20℃ 2.7 11.8℃

⇒ソーラの蓄熱と羽根建壁によって室温が3℃上昇します。

⇒夏には屋根の温度上昇を防ぎ涼しくする効果もあります。