リフォームの施工事例

リフォーム まぁるい床の家

築43年の木造住宅を全面リフォームしました。
屋根、外壁、サッシは残しながら、内部を丸裸にして構造補強を行い、
その構造を現しで仕上げています。断熱材もすべて新しく入れ替え、
既存サッシの内側に内窓をつけて新築と同等の性能の家になりました。
外観も40年代のイメージから一新して「羽根建の“木の家”」になりました。
まぁるい床の家

既存の小屋組みを残しつつ、屋根のたわみを改善するために補強梁と貫を入れました。 屋根の過重を分散して家全体で支えるように構造改修しています。