リフォームの施工事例

リフォーム 東住吉の長屋改修

この一帯は典型的な大阪長屋の町並みが残存しています。この家は度重なる増改築がなされていましたが、必要に応じて部屋や便所、キッチンを足していくという具合で、かえって建物を暗く不安定にし生活の利便性、快適性を失っていました。 1階と2階にある2つの座敷を保存再生することとなり、近年の改装で手を加えたベニヤやクロスなどはすべて撤去し建築当時のものはできる限り残し又は再利用し、無垢の木と土や漆喰、瓦といった素材で改修しました。 台所を対面式にして床レベルを下げることで、ダイナミックな木のカウンターと堀座卓が一体化しかつ、会話の目線と庭を眺める目線をそろえています。1階の座敷と2階の座敷の中間、建物のほぼ中央部分に階段を設け、その上部には越し屋根を設けて建物中央に光と風を呼び込むように計画しました。
東住吉の長屋改修

明るくなった北庭に面する縁側